生保の個人年金よりもiDeCoを勧めます。何故なら減税効果が大きいから。但し、既に個人年金に入っている人は違約金を徴収されるので解約はしないほうが良いです。

株式投資

こんばんわ、生命保険会社の個人年金を毎月積み立てているmakoです。7年前から積み立てています。若干の節税にはなりますが金利が低く殆ど増えません。その上、途中解約すると違約金を没収されて元本割れするようになっています。

要は、我々が納めたお金を生命保険会社が資産運用して増やし、増えたお金の殆どが生保の儲けになり、増えたお金から生保の儲けを差し引いた僅かな金額が我々契約者の利益です。率直に言って我々契約者は生保に搾取されています。年金保険は資産運用弱者からの搾取で成り立っているのです。

とはいえ、殖えない分、元本保証はありますから個人年金はローリスクローリターンの商品ですね。証券会社でインデックス投資して運用しても運用益が出るとは限らないし経済状況が悪化すれば大幅な元本割れするリスクがあります。儲ける可能性がある金融商品は損する可能性も同じくあるので安易に証券会社で資産運用するのは注意が必要です。

個人年金や個人向け国債、定期預金など元本保証資産と値動きがある株式や債権を両方バランスよく保有することが大事かなと思います。運用益の可能性だけを追求して株式だけに100%の資産を割り振るのは危険です。世界経済が悪くなったら資産が大きく目減りして、いざ、大金が必要になった時に身動きが取れなくなってしまいます。

株式や債権を購入して運用するならネット証券にしてください。店舗のある証券会社は手数料が高い商品が多いのでお勧めできません。同じく流行りのロボアドバイザー(ウェルスナビ、THEOなど)も手数料が高いので大金を運用するのはお勧めできません。含み損がある期間が長いと高い手数料だけ取られてどんどん資産が目減りするからです。

ロボアドバイザーは資産運用初心者が運用の勉強のために少額で短期間運用するなら良いと思いますが、ある程度資産運用のコツが掴めたらネット証券で自分でポートフォリオを組んで運用した方がいいです。そのほうが圧倒的に手数料が安いですからね。