情弱ビジネスのカモにならないようお金を使う前には知識武装しましょう

節約

おはようございます。先月と今月は派遣先の出勤日数が少なくて金欠状態のmakoです。その上、悪いことに医療費の出費が最近重なって(歯医者、皮膚科、整形外科)家計は大変苦しい状況です。派遣社員の方は日々のやりくりで自転車操業の人も多いと思います。

 今の世の中は情報弱者から搾取するビジネスで溢れてるのでそういうビジネスからは徹底して距離を置かなければなりません。情弱ビジネスに巻き込まれるとますます貧乏になってしまいます。と偉そうに書きましたが私も数々の情弱ビジネスで損をしてきました。これからも色々と損していく可能性は高いですが、日々勉強ですね。反省の念も込めて情報弱者から金を巻き上げるビジネスを一覧にしたいと思います。

1.分譲マンション(特に新築)

 私が某企業で正社員で働いているころ、会社の福利厚生費用削減で住んでいた独身寮が使えなくなりました。引っ越ししなければならなくなったので会社の近くのアパート、マンションを色々と探しましたがピンとくる物件がなかったので、たまたま会社の近くで新築分譲マンションを冷やかしで内覧したところ、綺麗だし広いし安いし一発で気に入って深く考えずに契約してしまいました。

 実際に入居してみると住宅ローン返済以外にも沢山の固定費が掛かることがわかりました(固定資産税、修繕積立金、管理費、駐車場代、火災地震保険、住宅ローン保険など)。私は地方都市の3LDK(80m2)の分譲マンションを2700万円で購入しましたが年間の固定費は50万円くらいかかっていました。その上に住宅ローンもありますからかなりの負担です。購入から4年後に東京に転勤になり売却も検討して不動産業者に査定してもらったらなんと1600万円。1100万円も値下がりしたのです。この値段で売却したら大損すると思い、その後売却するまで8年間保有しました。一時期は賃貸に出していました。ただ、なかなか借りてくれる人は見つからなくて空室期間も長く、固定費だけ取られてマンションの維持費が重荷になっていました。

 私も色々調べたところ、転勤が決まったらマンションは売却する人がほとんどです。何故なら、賃貸に出すと自分が大家さんになって不動産経営に近いことをしなければならないし、賃貸人の家賃未払いリスクもあるし色々と面倒だから、安くて大損しても売却している人がほとんどなんですよね。

 何が言いたいかというと、サラリーマンの場合、転勤を想定するとマンション購入は大損するリスクが高いということです。空室状態で保有すると高い固定費を払い続けなければならないので現金預金はどんどん目減りしていきます。新築の場合は値崩れが大きいので余計に損失が大きいですよ。

 私は結局、一昨年、1500万円で売却しました。マンションは購入時も売却時も高額な手数料や税金を取られるのでなおさら損失感が大きかったですね。普通にワンルームマンションに住んでいたら払わずに済んだお金が概算で1000万以上ありますから、私は不動産投資で大火傷したことになりますね。

 少子高齢化が進む日本で不動産購入は私のように大損するリスクが高いです。庶民が購入できる不動産なんてほとんど価値がないと思っていいと思います。

2.自家用車

 車も安くない買い物なので長い間快適に乗れる車を購入することが重要です。何も考えずに維持費が安くて車両本体価格が安いからとりあえず軽自動車買うかと言ったスタンスでは長い目で考えると大損してしまいます。近所の買い物しか行かないという人であればそういう購入でもいいと思いますけど。

 しかし、大半の人は時々は長距離移動したりとか、他人数乗せないといけない機会があったりとか様々な事情はあるはずです。つまらないことで買い替えなんていうのは大損してしまいます。将来の家族構成とか使用形態を考えて十分に検討することを勧めます。車はファッション商品でもあるのでスタイルが気に入って購入したくなる気持ちもわかりますが、車は乗って運転して快適なのが一番です。スタイルがよくても乗りごごちが悪かったり使いにくかったりすると嫌になってしまいます(経験済み)。

 車は多少高価でも乗り心地や操縦性が良いものを選んだ方がいいですよ。そのほうが長く乗れて結局は安い買い物になります。事情があって売却するときも高価な車の方が値崩れは少ないのでトクです。これは不動産と一緒ですね。高くても価値のあるものを購入することが長い目でみると結局は得します。価値のあるものを購入できるお金がないのだったら最初から購入しないほうがいいですよ。お金のない人ほど価値のないものを繰り返し買って損している気がします(反省)。

3.美容室

私の場合、短髪なので1ヶ月〜1ヶ月半で髪を切らないといけないので4000円〜5000円掛かる美容室代はかなりの負担です。率直に言って高すぎます。せいぜい20分くらい髪切ってシャンプーするだけじゃないですか?ヘアスタイルにこだわる人は別ですが、私のようにただ髪を短くしてさっぱりしたいという人にはコスパが悪すぎます。

 美容室代を節約したいならQBハウスなどの1000円カットかカットモデルになるのがいいでしょうね。カットモデルは要は美容師見習いの練習台なのでタダのところが多いです。minimoというスマホアプリでカットモデルの案件は探すことができますよ。カットモデルで検索すれば色々な美容室とスタイリストが出てきますよ。

これは一例です

  見習い美容師では変な髪型にされるのが怖いという人も多いと思いますが、節約している人の中には奥さんなどに切ってもらっている人も少なくないですから、少なくとも美容師見習いは素人ではないので極端に変な髪型にされるリスクは少ないと思いますよ。もちろんリスクはありますけどね(笑)。ただですから試してみる価値はあると思うんですけどね。

4.携帯電話

3大キャリアを使っている人はだいぶ減ってきたんですかね?長時間電話を頻繁にする人とか家族割を使い倒すと入ったヘビーユーザーなら3大キャリアがいいと思います。普通の人は格安SIMに乗り換えた方が無難ですよ。私は楽天モバイルのデータSIM(3GBで月900円)を使っています。通話の方はソフトバンクのガラケー(月1000円)を使っていますが近いうちに楽天モバイルに乗り換える(通話SIM 3GB)予定です。

 他にもマイネオとかラインモバイルとかいろんな会社が事業展開していますが料金やサービスに大きな差はないと思います。私は楽天のヘビーユーザーなので楽天モバイルを使っています。通話SIMを契約すると楽天ポイント付与が有利になりますよ。

5.投資信託

 私はSBI証券で手数料が安い投資信託をいくつか保有して運用しています。手数料の安いものだとニッセイ外国株式インデックスファンド(信託報酬0.12%)とか手数料の高いファンドはゴールドインデックス(信託報酬0.5%)を保有しています。信託報酬は投資家の純資産額に対して支払う手数料で資産を保有している間はずっと支払わなければなりません。信託報酬よりも資産が増えなければ資産はどんどん目減りしていくことになります。だから信託報酬が安い投資信託を選ぶことが重要になります。

 上記にあげたニッセイ外国株式インデックスファンドは国内の証券会社で購入できる投資信託の中でも一番信託報酬が安いですから人気もあるようです。

 楽天証券で調べた信託報酬(管理費)が安い投資信託の上位ランキングです。

 同じく楽天証券で調べた信託報酬が高い投資信託の上位ランキングです。2%以上の商品が結構多いですね。100万円を1年間運用すると2万円も取られてしまいますからね。投資信託は信託報酬が高いからと入って運用がうまくいくわけではありませんから我々投資家は安い信託報酬の投資信託を選ぶ必要があります。証券会社に勧められるがままに下記のような手数料の高い商品を選ぶと大損してししまう可能性が大です。

 あと、注意すべきは最近、人気のあるウェルスナビやTHEOなどのロボアドバイザーですね。世界株式だけでなく世界の債券、コモディティに分散してAIにお任せ運用できるということで人気がありますがそれなりの手数料は取られます(純資産の1%)。上記のファンドほど割高ではありませんが手数料の高いサービスであることは認識しておいたほうがいいでしょう。ネット証券にも株/債券/コモディティに分散して運用するバランスファンドがあります。これらの商品の方がロボアドバイザーよりは割安で運用できるので試してみる価値はあるでしょう。

 下記が楽天証券で調べた手数料の安いバランスファンドです。信託報酬が0.2%以下の商品も多くてロボアドバイザーよりは遥かに安いことがわかると思います。

手数料が高くても試してみたいファンドがあれば投資するのは投資家の自由です。ただし、手数料が高いからと入って資産が増える保証はないことは知っていておいてください。

6.外食

 食事は毎日のことですから、節約できれば大変な資産形成効果がありますし、毎日外食ばかりして散剤していたらお金は全く貯まらないでしょうね。私も正社員として働いて人並みの給料をもらっていた頃は毎日のように外食していた時期があります。そのころは東京23区内の独身寮に住んでいて夕食も提供されるところでしたがほとんど寮の食事は利用していませんでした。会社の近くや独身寮の最寄りの駅には都会なので美味しそうな居酒屋とかイタリアンレストランがたくさんあるんですよね(笑)。

仕事のストレスや疲れも大きかったのか、毎日のように仕事が終わると飲み歩いて4000〜5000円くらい使っていましたねぇ。お店の人には顔もすぐ覚えられていたくらいですから(笑)。今では考えられないですけど。 外食の楽しみを全く否定するわけではないけど、基本は自炊で、たまに外食というのが理想ですね。そういう意味で美味しいものを安く簡単に作れるレシピは絶対勉強した方がいいと思うんです。私もいまだに勉強中です。私はおずまりこさんの漫画で勉強中です。自炊初心者にも分かりやすいし私の料理のバイブルになっています。

 

 どうせお金を使って外食するんだったら、家では簡単には食べられないような寿司とか懐石料理とかを一年に一回とか奮発して食べたほうがいいと思うんですよ。居酒屋でも冷奴とか冷やしトマトとかありますが、結構な値段しますよね。包丁で切るだけなのに(笑)。私は外食するんだったら簡単に家で作れるようなものは食べたくないです。お金が勿体無いので。ラーメンとかそばとかパスタとかも家で作った方がいいと思います。パスタなんでサラダとコーピーがついて1000円以上取るレストランが多いですけど、家で作れば100〜200円くらいで作れますからね(笑)。今の私の収入では麺類を外食で食べようとは思わないなぁ。