クラウドクレジットの新興国案件投資。投資するなら為替ヘッジ付き、償還実績ある案件がお勧めです。

ソーシャルレンディング

こんばんわ、ソーシャルレンディングに400万以上投資しているmakoです。今日はクラウドクレジットとクラウドバンクの案件に数件に分けて投資しました。クラウドクレジットは新しい案件が今日、募集になったんですよ。アメリカの不動産投資の案件ですね。3万円投資しました。あとは、欧州の為替ヘッジ付きファンド3件に7万円投資しました。私は可能な限り償還実績と為替ヘッジ付きのファンドを選ぶようにしています。為替ヘッジ付きは利回りが低くなりますが安全性も大事ですからね。

クラウドクレジットは色んな成長国に投資できるのが魅力ですね。ニカラグアとかメキシコ、ブラジル、ロシア、ペルーなどいろいろです。新興国というとリスクが高いとしり込みしてしまいますが、没落するだけの日本円だけで資産を持ツノもリスクが高いと思いますから少額、新興国に投資するのは悪くない選択と思っています。今後も日本以外の国のファンドに少額投資していきたいと思います。

クラウドクレジットで私が運用しているファンド一覧です。一部、10%近くの利回りの商品を購入していますが、ほとんどはリスク低めの商品を選んでいます。海外案件なのでクラウドバンクとかmaneoよりは利回りの高い案件が多いです。その分、元本割れリスクも高まります。海外案件なので為替の影響も大きいし、運用期間が長いファンドが多いので高額の投資は怖いですね。私は40万円運用中です。

クラウドバンクには、風力発電ファンドとアメリカの不動産のファンドに5万円づつ投資しました。クラウドバンクも最近はアメリカの不動産ファンドが増えています。ドル建てのファンドもありますので資産を円以外に分散したい人には面白いファンドだと思います。クラウドバンクは日本のエネルギー関係ファンドが多いですが期間が短い(3カ月から6カ月)案件が多いので初心者にもおすすめの業者です。