maneoは最近ファンドの募集が滞っているし、危うい雰囲気。maneoの口座に資金がある人は引き出した方が無難。

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングmaneoの不穏な動きに注意

こんにちは。

表題にも書きましたが、最近のmaneoはファンドの募集が滞っているし、募集したファンドもキャンセルが多いし不穏な雰囲気があります。

maneoに投資して一年以上経ちますが、5件のファンドが一度にキャンセルされたことなど初めてです。

また、新規のファンド募集が全くないというのも今までほとんどなかったように思います。

maneoマーケットは延滞続発のため投資家から多数の訴訟を起こされている状態ですから、訴訟の対応に忙しくて新規ファンドを募集する余裕はないのかもしれませんね。

今年の3月時点で、300億円分の投資に対する配当が延滞になっていることから、集団訴訟に発展しています。

300億円という金額は凄いですよね。いくらソーシャルレンディング最大手のmaneoマーケットでも裁判に敗訴して賠償金支払額次第では倒産の可能性が十分にある金額と思います。

maneoの口座にお金を入れている人は直ぐに引き出した方がいいんじゃないですかね?

投資している資金が延滞で拘束されるのは致し方ないですが、払い戻しできる資金は払い戻しした方がいいと思いますね。今のmaneoの状態で新規に投資というのも勇気がいると思いますし。

maneoに限らず投資をする場合は、絶対に余剰資金ですることです。もっとはっきりいうと、投資資金がゼロになっても生活には全く影響のない範囲で投資するのが絶対です。

投資する場合の当たり前の考え方と思いますが、今回のmaneoの大規模延滞で肝を冷やした人はたくさんいるはずです。

私はなぜソーシャルレンディングのmaneoに投資したのか?

私はイケハヤさんのブログの影響でソーシャルレンディングを始めました。銀行預金では全く増えない世の中。余剰資金で投資した方がいいとイケハヤさんはブログで主張していたので、銀行預金しかしたことのなかった私がソーシャルレンディングを始めることに。

イケハヤさんだけではなく、ソーシャルレンディングに投資をしている人の様々なブログをチェックすると、maneoは開業以来、貸し倒れを一度も起こしたことがない優良業者であることが次第に分かってきたんですね。

maneoがソーシャルレンディング業界のパイオニアで業界最大手だったことにも惹かれました。

maneoでの損害状況をまとめました

以下のように11件のファンドで57万円の投資額が延滞で拘束されています(泣)。

今後、ファンドの延滞が増えればさらに拘束される投資金が増えることになりますね。

全て不動産担保付きのローンファンドなので安心していましたが、担保不動産の評価額がいい加減では全く意味がありません。

どの案件も債権回収の具体的なスケジュールは全く立っていませんね。定期的にmaneoから報告はあるのですけど、全く進捗がないことを形式的にメールで報告するだけなのでイライラしますね。

 

まとめ

ソーシャルレンディングのmaneoの最近の状況を簡単にまとめました。

私が被弾した11件の案件は債権回収は全く進んでいない状況です。回収活動が長期化しているので全額踏み倒しの可能性もマジで出てきましたね。

ブログで何度も書いていますが、一年半前はmaneoは貸し倒れのない優良業者だったんですよ。それが今や300億円以上の延滞で集団訴訟を受けまくっている業者になっています。

ソーシャルレンディングはかなりリスクがあると思っていた方がいいです。

オーナーズブック、SBIソーシャルレンディング、クラウドバンク 、クラウドクレジットなどは現在は優良業者と思いますが、今後はどうなるのか誰にも分かりません。

投資するのは投資家の完全自己責任です。株式投資のような投資家保護制度もまだ整っていません。

ソーシャルレンディングに投資をするなら、投資金額が全額貸し倒れになっても平気な金額で投資をすることを本当にオススメしておきます。

 

関連記事

資産運用を始めて一年半。収入が人並み以下の人は安易に資産運用に手を出さないこと。収入を増やすことをまず考えるべき。

7月度資産運用報告。7月末に米国株式が大きく下がりました。ソーシャルレンディングはクラウドクレジット 、オーナーズブックから配当を頂きました。

ソーシャルレンディングで海外投資したい方はクラウドクレジットが候補の最右翼となります。