オーナーズブック配当ありました

ソーシャルレンディング

こんばんわ、オーナーズブックに80万投資しているmakoです。本日、配当金が振り込まれました。予定より3日遅れでした。maneoやクラウドバンクでは配当が予定日より遅れたことはなかったので少し肝を冷やしました。気になる配当金は5025円。オーナーズブックは3か月おきの配当なので一月辺りでは1700円弱ということです。銀行に預けるよりは遥かに金利がつくのが魅力ですがリスクもそれなりにありますからね。銀行預金のような元本保証は勿論ありません。不動産担保はついていますが不動産バブル崩壊や日本が破産した場合は担保は宛にはできないでしょう。ソーシャルレンディングを始めてみたい方は信用性できる業者を数社選んで案件を分散することを勧めます。私は以下の5社に分けて運用してます。

maneo
クラウドバンク
オーナーズブック
LCレンディング
クラウドクレジット

SNS上では評判が比較的良いところを選んだつもりですが、どうなるかは分かりません。私の感覚では一番使いやすいのはmaneoです。案件も多いてすし、サイトも使いやすくいろいろな意味で初心者向けと思います。次点でクラウドバンクですかね。ほとんどの案件で1万円から投資できるのが初心者に優しいです。maneoほど案件が多くないのが欠点です。オーナーズブックは案件が少ないですし、人気があるので投資するためにはサイトに張り付いていなければなりません。数分で応募が終了することは珍しくないです。そういう意味で使いやすいとはお世辞にも言えません。ただ、人気があるというのは行事としての信頼がある証拠でもあります。利回りは低めですがリスクは低めの業者と言えるでしょう。クラウドクレジットは新興国投資に特化した少し特殊な業者です。配当も一年一回の案件が多く使いやすいとは言えないでしょう。ただ、利回りが高めであるとか、伊藤忠商事の資本が入っている業者なので信頼性は高いと思います。LCレンディングmaneoファミリーの業者です。商業用不動産の投資案件が多いです。一部上場企業の支援を受けているので信頼性は高いといえます。
ソーシャルレンディングはさまさまな業者があるのて自分で調べて安全な業者を探しましょう。
ソーシャルレンディングに特化したブログを公開している人も沢山いるので参考になりますよ。
とにかく、業者と案件を分散する事は必須ですね。間違っても1つの案件に100万とか投資しないこと。私は1つの案件には5万円以上は怖くて出来ません。