転職経験談(非正規雇用への転落4)

転職

派遣先2社目は某大学の研究室でした。この職場の受け入れが本当に最悪でした。専用デスクやパソコンを2週間経っても準備しようとしない最悪の職場でした。あまりにもひどいので派遣会社の営業に早急に改善するように派遣先へ要請して欲しい、派遣先が態度を変えないようなら私は派遣先にはもう出社しないとかなりキツイ口調でお願いしました。それが効いたのか、派遣会社は担当営業と営業所長が派遣先へ出向いてデスクや専用パソコンの支給のお願いを派遣先にしてくれました。派遣先もデスクは直ぐに準備してくれて専用パソコンは少し遅れましたがちゃんと準備してくれました。このように職場によっては派遣社員を舐めきった態度で使い倒そうとします。理不尽な対応をされたら我慢する必要なんてありません。派遣会社を通じて改善を申し出ることです。改善されなければそんな職場は辞めればいいだけです。派遣会社は我々から所得を引き抜いている張本人ですから派遣会社によっては派遣先寄りの対応で派遣社員には真摯に対応しないかもしれません。そんな派遣会社はさっさと見切りをつけて別の派遣会社を探しましょう。派遣会社なんていくらでもあるのですから。
この大学の研究室は女性の派遣社員が多かったのですが意地の悪い女性派遣社員がいましたね。こちらが中年の派遣社員なので馬鹿にしていたのでしょう。大学の先生には媚びを売る癖に私には此方から挨拶しても無視。私もこの女性派遣社員とは全く口を聞かなくなりました。派遣社員というのは見くびられる立場なんだなと骨身に染みた職場でもありました。
私は特命准教授の指導のもと化学実験業務をしていたのですが、その准教授は忙しいせいか私の指導を博士課程の学生に丸投げしていたんですね。学生はお金を払って勉強をしている身分です。その学生からしたら何で俺が派遣社員の指導なんかしなければならないんだと感じていたはずです。その学生は好い人で私に親切に色々教えてくれましたが理不尽なものだなと思いました。大学の研究室の歪みを垣間見ましたね。この研究室に限らず大学の教員に搾取される学生は沢山いるんでしょうね。こんなことを許していたら日本の大学にいい人材なんか定着しませんよ。優勝な学生はみんな企業にいくか、大学なら欧米にいってしまいます。米国なんて学生でもお金貰って研究するのが当たり前ですからね。
この職場には8か月いましたが女性の意地悪さ、大学研究室の運営のアバウトなこと、学生に対する搾取を目の辺りにして、今から思うと良い社会勉強になったと思います。ただ、大学研究室での派遣社員はもう御免てすね。もう二度とやりたくないです。