ブロックチェーンの技術は画期的ですが近い将来、暗号通貨は普及するでしょうか?

仮想通貨

仮想通貨への投資を今月から始めました。ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ネム、イーサリアム、リップルを数千円ずづ購入しました。積み立てる場合は手数料がかかる取引所も多いので注意が必要ですね。
私は、手数料の安さからザイフとビットバンクを利用しています。保有コインが多くなってくると取引所に保管するのは盗難等の危険があるのでハードウオレット(各自のPCでオフライン管理)で保管することが推奨されています。

私も色々なブログを閲覧して調べたのですが、ウォレットの管理はかなり面倒です。ハードウオレットの購入やパスワード管理も面倒なんですよ。実際、パスワード忘れて大量のコインを失った人もいるみたいで・・・。こうなったらウォレット管理した意味もないですからね。ただ、積立額が大きくなったらハードウオレット管理しなくてはいけないでしょうから勉強中です。

何故仮想通貨投資始めたかというと、仮想通貨を支える技術(ブロックチェーン)はこれから普及していくだろうと予想したからです。私もブロックチェーンについてはよくわかっていないのですけど、簡単に言うと、現在のインターネットのような中央集権的な管理が不要になり、低コストでインターネット経由で決済、送金ができるようになる技術らしいです。今でもネットで決済可能ですけど多額の費用のもとに成り立っているらしいですね。

メールを送受信する感覚で送金とか決済出来たら非常に便利な世の中になるので、きっと普及すると思うんですよね。5年後なのか10年後なのか20年後なのかは分かりませんけど。そういうわけで、ブロックチェーンを勉強するために野口さんのブロックチェーン革命を昨日購入しました。分厚いし内容もちょっと難しそうです。読み終わったらまた感想をこのブログで書きたいと思います。

プロブロガーのイケダハヤトさんが推奨している書籍なんですよ。

イケダさん自身も仮想通貨に大金を投資していますのでブロックチェーンに可能性を感じているんでしょうね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブロックチェーン革命 分散自律型社会の出現 [ 野口 悠紀雄 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/12/29時点)

楽天で購入