今の世の中は庶民は安物買いの銭失いで損するようにできている

節約

おはようございます、沢山の安物を購入して沢山損してきたmakoです。安物買いの銭失いと偉そうに言いながら私自身も沢山の安物を買って痛い目を見てます。

高価なものばかり無節操に購入していたら富裕層以外は破産してしまいますが、何でもかんでも安いから購入しようという消費姿勢では結局損しますよということを言いたいのです。私の感覚、経験から安物でも買って良いものは日々の消耗品とか固定費です。

具体的には、消耗品は下着、靴下、食料品、ティッシュペーパー、洗剤とか、固定費なら携帯電話代、家賃とか。庶民はこのような出費は節約に励むべきでしょう。自炊せずに毎日、外食ばかりしてたら庶民は破産しかないでしょうし。

逆に安くても購入してはいけないものは耐久消費財でしょう。不動産、自家用車、パソコン、スマホ、洋服などでしょうか。私の主な失敗は以下の通りです。

1 不動産
今から10年以上前に地方都市で正社員で働いていたころ、独身寮に住んでいましたが、会社の福利厚生見直しのため取り壊しが決定。賃貸や分譲マンションをいろいろ物色しても賃貸物件では住みたい物件が無くて気に入った新築分譲マンションがあったのでセールスマンの口車に乗せられて軽い気持ちで購入契約。これが人生最大のミスだと後に気づきましたがその時は後の祭りです。地方都市だったので価格は2700万円程度と広い(80m2くらい)割りに安くてその時は愚かにも喜んでいました。4年後に転勤になり売却を考え不動産屋に見積り取ると何と評価額は1600万円。

リーマンショックの最中で景気か悪かったのもあったでしょう。4年間でなんと30%以上下落したのです。不動産というのは世の中の景気次第では財産どころか大きな負債になるということを身を持って学びました。その後、空き家期間、賃貸に出したりする期間があったのですが、購入から12年後、1500万円で売却しました。普通に賃貸に住んでいれば、こんな損失分はなかったので不動産購入で大火傷しました。

お金持ちは都会の駅から近い一等地の不動産を購入するので価格は殆ど下がりませんし場合によっては価格が上がることもあるでしょう。インフレ対策になるし流動性の高い不動産は資産形成として良いと思います。ただ流動性の高い不動産は高価なので庶民には購入は無理です。普通の庶民は賃貸住まいが絶対に良いと思います。私のように価値の無い不動産を購入して大金をどぶに捨てることになりかねません。

私の感覚だと、少子高齢化が進み不動産の価値が下落していく日本で不動産を購入しても良いのは、購入したらその土地に何がなんでもしがみつける人だけですね。不動産の価値が暴落しても引っ越さないでその土地に住み続けることができれば、住宅ローンが終われば家賃を払わ無くていいので賃貸に一生住むよりは得かもしれません。ただ、そんな人がこの変化の激しい世の中にどれくらいいますか?不動産購入を考える時、本当にその土地に一生住み続けることができるのか、真剣に考えるべきと思います。

更に、価値のない不動産が厄介なのは、遺産相続する時です。価値のない不動産は間違っても相続してはいけないと私は思っています。相続したら最後、売れないし貸せないし、固定費(固定資産税、修繕積立金、管理費、駐車場代など)だけが嵩むまさに”負債”ですね。親が不幸にも価値のない一軒家やマンションを保有していたら要注意、相続放棄を真剣に検討しなければいけないし、実際、相続放棄する人は増えています。相続というのは資産だけでなく”負債”も相続しなければならないことを肝に命じておかなければなりません。

2.自家用車
若い頃は車が好きでしたがお金がないので国産の安めの車(日産 パルサー、マツダ ユーノスロードスター、トヨタ アルティツア)を3台乗り継ぎました。ただ、どの車も乗り心地が悪くて短期間で乗り続けるのが嫌になり買い換えてました。

あるとき、冷やかしでBMWやメルセデスのディーラーにいってセールスマンに勧められて試乗したんですよ。高速道路を含めた長時間の試乗体験でしたが乗り心地のよさや操縦性の良さびっくりしました。500万円くらいの車でしたが本当に欲しくなりましたね。私が今まで乗っていた乗りごごちも悪くて操縦性の悪い車はいったいなんだったんだと思いました。

3台乗り継いだ車の合計額は600万円を越えるので最初からBMWとかメルセデスを購入して長く保有していたら出費は同じでより快適なカーライフを送れたわけです。まさに安物買って時間もお金も大損しましたね。車が好きな方ならば、ローンを組んでも多少高めの車で本当に気に入った車を購入した方がいいと思います。そのほうがトータルで考えると得です。

3.洋服
ユニクロの服はお手ごろだからと何度も購入したことありますが、長持ちした服は一つもありません。まず、デザインが画一的で時間耐久性がないと思います。その結果直ぐに飽きてしまいまた別の服を購入することになり無駄な出費をすることになります。また、Yシャツやジーンズなどの生地も固く安っぽいと思います。一方、デパートなどで購入した1万円くらいのYシャツやジーンズは生地もいいし、デザインもシンプルながら長く飽きずに着れるものが多いです。スーツやコートなどもデパートで購入したときは高くても20年くらい着れるので結局安い買い物だと思いますよ。私はスーツやコートは多少高価なものを購入しますが大事に使えば10年くらいは問題なく使えています。

以上、私が経験した安物買いの銭失いの経験談でした。皆さんも買い物するときは安いから購入する行動は辞めたほうが無難です。長い目で見ると損をすることが多いので。庶民に安物を何度も購入させて儲けている企業が数多くあることを認識していた方が良いでしょう。

耐久消費財についてはちょっと高いけど良さそうだなと感じたものしか購入すべきではないと感じてます。そのほうが豊かな日常を送れると思いますよ。