現金使わず還元率の高いカードを使うことが事が資産形成の近道

節約

こんばんは、日常の決済はほとんど楽天カード決済しているmakoです。資産運用する人は現金決済は極力止めてカード決済することをお薦めします。理由は、クレジットカード決済はポイントがつくからです。楽天カードの場合は1%のポイントが付きます。1%で資産運用しているようなものです。これだけで、現金決済は損なことが分かりますよね。1%のポイントなんて大したことないと感じる方もいるかもしれませんが、資産運用している方なら1%のリターンをコンスタントに出す難しさは分かっている筈です。私は買い物、電気、ガスなどの公共料金や携帯電話代、ネット光回線、交通費もカード決済できるものは全て楽天カード決済していますので毎月1000ポイント位貯まります。貯まったポイントで楽天証券の海外株式インデックスファンドを定期的に購入しています。

後は必要に応じて下記のクレジットカードを使っています。

イオンカードセレクト:イオン銀行の口座開設するときに同時に作った方がいいカードです。イオン銀行はネットバンクの中でも楽天銀行(楽天証券にも口座を開いてマネーブリッジというサービスを申し込む必要があります。金利は0.1%)に続いて金利が高いので余った現金はイオン銀行に入金するのが良いです。金利は各個人の属性(イオン銀行の投資信託の購入有無など)で0.05〜0.12%まで変わります。0.05%でも銀行の預金に比べたらはるかに高いので絶対に利用した方がいいですよ。0.10%以上にする場合は投資信託購入やWAONオートチャージなどが必要ですが、イオン銀行やイオンモールを煩雑に利用する人ならそれほど難しくないでしょう。私はイオンをあまり利用しないので0.05%のブロンズステージです。



JR東海エクスプレスカード:新幹線の予約をスマホ、PCでできるエクスプレスカード会員になるためには作る必要があるカードです。年会費は1000円かかりますが、東京〜新大阪を片道乗るだけでも1000円くらい指定席が安くなるので元が取れます。新幹線に長距離乗ることが多い人は絶対作るべきです。スマホとEX-ICカードだけで新幹線乗車が完結するので非常に便利です。窓口や券売機に並ぶストレスがありませんからこれだけでもこのカードを作る価値はあります。

 クレジットカードのポイントは楽天以上に還元率の高いカードはもあります。リクルートカード、レックスカードは1.25%ですが私は派遣社員のせいか審査に落ちてしまいました。正社員の方で借金なければ多分レックスカードもリクルートカードも審査通ると思います。あと、ポケットカードも1.1%の還元率です。こちらは審査に運良く通過しました。ただ、ポケットカードはリボルビング払いがデフォルト担っているので通常支払い変更を必ずする必要があります。ポケットカードのHPで簡単に通常払いに変更できますよ。

 私は楽天カードのほうがポイント変換が融通がきくので楽天カードを使っています。楽天のサービスをほとんど使わない人はリクルートカードなど還元率の高いカードを使ってポイント貯めるのがいいです。 

 楽天カード使う前は、三井住友VISAカード使っていました。ても、年会費は取られるし還元率も0.5%と低く、良いところが何もないので解約しました。
あと、ポイントを色々と変換しやすいカードのほうが使いやすいのでその点でも楽天カードは楽天市場や楽天証券でも使えるのでいいですよ。

以上、オススメのクレジットカードをまとめますと以下の通りです。

・楽天サービス(楽天市場、楽天証券、楽天モバイル)をよく使う人:楽天カード

・楽天サービスをあまり使わない人:レックスカードリクルートカードポケットカード

・高い金利の銀行に預けたい人:イオンカードセレクト

・新幹線を出張などでよく使う人:JR東海エクスプレスカード