投資未経験者はウェルスナビとTHEO両方運用するのがお勧め

株式投資

おはようごさいます。ウェルスナビとTHEOを利用している投資初心者のmakoです。この両者はロボアドバイザーの2強ですがSNS上では評判を見るとウェルスナビのほうが圧倒的に支持されているように感じます。色々な人が使いやすさと運用成績でウェルスナビを支持しているようです。

 私もウェルスナビのほうが使い易く感じますし運用成績も上です。ウェルスナビはスマホアプリが大変使いやすいですし入金の資産反映が早いのがいいですね。PCがなくてもスマホだけでも入金、出金が簡単にできますし運用はスマホだけでも不自由しません。THEOは入金の資産反映が遅いのが不満です。株価が暴落したタイミングで入金したいときなどはイライラさせられます。

 ただ、ここ数年はアメリカ経済界が好調なのでアメリカ投資に重点を置いているウェルスナビの運用成績が良いのは当たり前です。ウェルスナビは債権と不動産についてはアメリカのみの投資スタイルです。

 一方、THEO は債権も不動産も全世界に分散していますしコモディティ(実物資産)についても色々と分散されています。要は両者は投資スタイルがだいぶ違うということですね。THEOは資産をきめ細かく分散して守りの投資スタイルを貫いてます。ウェルスナビは好調なアメリカ経済を軸に運用益アップを目指した攻めの運用スタイルと言えるでしょう。両者ともポートフォリオは自由に選べるので株式の比率を減らした守り運用は可能ですがTHEOはより守りが徹底している印象です。この先、突然のアメリカ株式が暴落したらTHEOのほうが暴落の耐性は高いと思われます。
また、ウェルスナビは扱っている資産クラスが少ないので分かりやすく投資初心者向きと言えるでしょう。逆に投資経験者には少し退屈かもしれません。一方、THEOは扱う資産クラスが数多くポートフォリオが複雑で初心者には分かりにくいでしょう。ただ、そのぶん、投資経験者にはポートフォリオの組み方の勉強になると思いますよ。私は両者とも暫く使い続けるつもりです。

 ウェルスナビのポートフォリオ。7種類の資産の組み合わせで比較的単純です。

THEOのポートフォリオ。ウェルスナビよりはかなり複雑です。株式が10種類、債権が8種類、実物資産が7種類と分散が効いていますね。

 この両者のサービスは投資未経験者にとっては分かりやすい楽チンなサービスと多いますが、欠点は手数料が高いことです(資産評価額に対して手数料1%+信託報酬)。積立額が大きくなると毎月引かれる手数料が気になってきますし、含み損がある時でも当然、容赦無く高い手数料が引かれますので、今のままでは手数料の高さが嫌になってロボアドを辞めてしまう人も多いと思うんですよね。希望をいえば手数料をもう少し安くして欲しいですね。

 今は評価額に対して1%程度ですが0.7%とか0.5%まで下げて欲しいです。この両者が競争して手数料含めたサービスをもっと向上してくれることを期待しています。結論としては両者を少額で(50万円以下)利用することをお勧めします。ロボアドで資産運用を学んだら、更には楽天的証券、SBI証券等で口座開いて自分でポートフォリオ組んで運用するともっと投資の勉強になりますし、割安な手数料で運用できますからいいと思いますよ。

THEO