【人生初の欧州旅行】ギリシャ サントリーニ島(その2 滞在2日目)

旅行

2024年のGWにギリシャを旅行しました

今までのギリシャ旅行の様子は以下の記事を参考にしてください

【人生初の欧州旅行】ギリシャ旅行記(旅行計画編)

【人生初の欧州旅行】ギリシャ旅行記(日本〜アテネ移動編)

【人生初の欧州旅行】ギリシャ旅行(アテネ滞在編 その1)

【人生初めての欧州旅行】ギリシャ旅行 アテネ滞在編 その2(アクロポリス観光)

【人生初の欧州旅行】ギリシャ サントリーニ島(その1  移動編)

 

サントリーニ島の2日目の朝

昨日は早めに寝たせいか朝の5時ごろに目が覚めてしまった

まだちょっと眠たかったがせっかくなので、ホテルのバルコニーから早朝のエーゲ海を眺めることにする

早朝(朝5時)ということもあり、非常に静かで、鳥の囀る声が聞こえるだけで非常に優雅な気分になる

ただ、かなり冷えるので慌ててセーターを羽織りました

ちょっと雲が多いけど、エーゲ海の眺めはやはり素晴らしい😍

このホテルを予約して良かったと改めて感じた

朝食は8時半に私の部屋に運ばれてくる予定なのでまだ3時間以上ある

まだちょっと眠いので、ベッドに戻り2度寝することにした

再び目を覚ますと朝の7時半過ぎだった 眠気もおさまってたのでシャワーを浴びた

シャワーの水圧は予想していた通り少し弱めだ

アテネのホテルよりは水圧が高いのだが日本のホテルのような水圧の強さはない

サントリーニ島は地中海性気候で年間降水量が少ないため水は大変貴重な資源だからシャワー水圧が低いのは仕方ないと思う

まだ朝食の時間まで30分以上あるのでホテル周辺を散歩することにした

早朝のイアの街は観光客が少なく静かで非常に快適です

私のように散歩している観光客、ランニングしている観光客、犬の散歩をしている地元の人などが僅かにいるだけだ

昼から夕方のイアの街は観光客が多くなり喧騒に包まれるので早朝のイアの街を堪能できるのはイアの街に宿泊した人だけの特権なのです

殆どのお店は閉まっているけど、早朝から営業しているカフェは結構あるので、朝食が提供されないホテルの人もカフェを利用すれば問題ないと思う

昨日も感じたがイアの街は猫が多い

早朝のイアの街でも至る所で野良猫が寛いでいる😍

近寄っても全然逃げようとしないし、それどころか寄ってくる猫も少なくなく、人間に非常に慣れている猫達だ

この猫達を眺めているだけでも非常に平和な気分になれる

 

ホテルに戻るとテラスのテーブルに朝食が既に置かれていた

朝食のメニューは以下のようにかなりボリュームがあった

・目玉焼きトースト

・ギリシャ風スクランブルエッグのトースト

・クロワッサン

・オレンジジュース

・カプチーノコーヒー

・蜂蜜たっぷりパンケーキ

私は普段は朝食は殆ど食べないので(食べる時もヨーグルトを少し食べる程度だ)量が多すぎた

私に限らず、一般的な日本人には量が多すぎると思う

欧米人の食欲をスタンダートにしているのだろうからこれは仕方ないですね

私は目玉焼きトースト、ギリシャ風スクランブルエッグのトーストを食べた時点でお腹がいっぱいになってしまった😅

クロワッサンはなんとか食べたけど、パンケーキはとても食べきれないので今日の昼過ぎにでも食べることにした

肝心の味だけど、正直期待はずれでした💦

決して不味いわけではないのですが、一泊5万円のホテルの食事としては正直物足りなさを感じたのは否めません

個人的に一番美味しかったのは目玉焼きトーストかな

ギリシャ風スクランブルエッグはギリシャの料理らしいけど、肝心の味は今ひとつでした

トマトやオリーブオイルがたっぷり入っているのでヘルシーなんだろうけど、味はオイルのしつこさを感じたし、塩分や旨みのバランスも今ひとつだった

ボリュームはたっぷりだったけど日本人の舌には大味に感じてしまうのが残念でした💦

朝食の味は全体的に今ひとつだったけど、エーゲ海の絶景を見ながら朝食は何とも贅沢な気分になりますね😍

 

このホテル(フィロテア・スイーツ)は朝食のメニューを毎日自分好みにアレンジできるので、朝食を食べ終えた後、フロントに行って、明日の朝食のメニューを大幅に変えるように頼みました

ギリシャ風のスクランブルエッグをソーセージとベーコンに、蜂蜜たっぷりパンケーキをアーモンドミルクに変えてもらった

これだけでもだいぶシンプルになって量を大幅に減らすことができるだろう

このホテルは食物アレルギーにも対応しているので、食事にこだわる人は色々注文できるのが有り難いですね

 

部屋に戻って、パソコンを見ながら本日の観光を計画する

サントリーニ島は意外に大きな島なので全ての観光スポットを巡るのはかなり大変だ、というか、一般の旅行者にとっては現実的ではないです

多くの人は日程的にも資金的にも巡るエリアを絞る必要がありますね

多くの旅行者はサントリーニ島内の移動にバスを使いますが、自由に動き回りたいならばレンタカーがいいでしょう

ただ、外国でレンタカーを借りるのはそれなりにリスクがあるので一般的ではありませんし、運転しなければならないので、レストランやワイナリーでお酒を飲むこともできない

その意味ではタクシーが一番便利だけど、サントリーニ島のタクシーは結構高いです💦

Uberタクシーが走っているので資金に余裕がある人はタクシー移動が一番効率的にサントリーニ島を観光できると思います

 

色々と考えた末に、サントリーニ島最大の街であるティラの街を散策することに決めました

ティラはサントリーニ島の中央部に位置する島内の最大の街です

サントリーニ島の各地、空港行きのバスはティラから出発します

交通の便が良いのが最大の魅力の街と言えるでしょう

私が宿泊しているイアの街からは結構離れているので移動はバスかタクシーを使う必要があります

ホテルを出てGoogle Mapを頼りにイアのバスターミナルに向かう

イアのバスターミナルは私の宿泊ホテルからは結構遠くて徒歩10分以上かかりました

イアのバスターミナルに到着すると、時刻表が貼ってあるのだが、正直、見方が全く分からない💦

ネットで調べてみるとイアからティラ行きのバスは30分感覚で就航しているようだ

バス停付近には多くの観光客が並んでいたので私も並ぶことにした

大型のスーツケースを持っている人も多かったので恐らくこれからティラ経由で空港に向かうのだろう

暫くするとティラからのバスが到着して沢山の観光客が降りてきた

全ての観光客が降りたところでバスの運行係が料金の徴収を始めた

バスはクレカが使えず、現金のみなので注意が必要です

イアからティラまでのバス運賃は2ユーロ(340円)

イアからティラまでは10km程度で運行時間は20分ほどだから観光地の運賃としてはリーズナブルだと思う

バスの運転手がバスの下の手荷物置き場を開けて、乗客に大型の荷物を入れるように促していた

しかし、日本のリムジンバスのように乗客と荷物が紐付けされるシステムではなく、荷物を置くだけなので盗難やミスピッキングされるリスクがあるので不安になりますね😅

個人的には大型のスーツケースを持ってこのバスに乗る気にはなれないと思いました

サントリーニ島最終日にイアから空港に向かうときはバスではなく高額でもタクシーを使うのが無難だと思います

バスに乗り込むと思った以上に座席が綺麗で豪華です。これで2ユーロは正直安い。

ただ、乗客が非常に多くて直ぐに満席になり、後から乗車した多くの人は通路に立つことになりました

日本の満員電車のような状態でバスはティラの街に向けて出発。

バスの窓は大きいUVカットガラスのようで車内は薄暗いですが、その分、サントリーニ島の強烈な紫外線から守ってくれるので快適です

イアからティラの街までの道は狭い上にカーブが多いので通路に立って乗車すると結構疲れると思います

乗車時間も20分以上あるのでそれなりに時間もかかります

バスに乗車するならば早めに並ぶか30分待って次のバスに乗車するのがおすすめです

 

ティラのバスターミナルは多くのバスが停車していて想像以上に大きなバスターミナルだった

バスターミナルを出ると想像を超える大きな街があった

イアの街も結構大きかったけど、ティアの街はスケールが全く違う

車の数、人の数が比較にならないほど多いし、飲食店の数やバリエーションの多さもイアは全く及ばない

マクドナルドやスタバなどの世界的なチェーン店もあるし、日本食(ラーメン屋、居酒屋、寿司)の店も結構ある

イアも飲食店は多いけど、ほとんどがギリシャ料理、イタリア料理のレストラン、カフェだ

日本から遠く離れたギリシャの離島で日本食の店があることに感慨を覚えた

ティラの街の繁華街を抜けて、海沿いに出るとイアと同じように、断崖に沿って建つ白亜のホテル群や飲食店とエーゲ海の青い海との綺麗なコントラストが眩しい

ティラの海の沖合に多くの豪華客船が停泊している⇩

沖合の豪華客船から小さなボートでティラの港まで向かい、港からはロープウェイでティラの街まで上がり、サントリーニ島の観光を楽しむ豪華客船の観光客が多いらしい

ティラの海沿いの景色はイアの街とよく似ている⇩  しかし、風光明媚さではイアの街が一歩上だ イアの方がティラよりもホテルが高いのもそれが理由だと思う

ティラの海沿いにはレストラン、カフェが非常に多く、遊歩道が整備されていて多くの観光客で賑わっていた。

ティラの街の隣町の高級ホテル街、イメロビグリ地区を目指すが結構距離がありアップダウンも激しいので想像以上に疲れて途中でギブアップ。大人しくティラの街に引き返した。

ティラからイアまでは遊歩道(ハイキングコース)が整備されていることがわかったのでサントリーニ島滞在中にハイキングをしたいと思った

ホテルの朝食のボリュームが多かったせいか15時の現在になっても全くお腹が空かない

これ以上ティラに滞在しても特にすることもないのでバスでイア地区に戻ることにした

ティラからイアのバスは30分間隔で出発しているので非常に便利です

特殊な事情がない限りはタクシーを利用する必要はないと思う

ティラのバスターミナルは待合室もあるのでそこでスマホでも見ながら時間を潰せば良いし周辺にはカフェも沢山あるからカフェでバス発車時刻まで時間を潰しても良い

ティラからイアのホテルに戻ったのが16時過ぎだった

ちょっと疲れたのでバルコニーからエーゲ海を見ながらギリシャビールを飲む😋

ビールを飲み終わった後はしばらく部屋でYoutubeを視聴したりしてダラダラと時間を過ごした

18時半をすぎたあたりでイアの夕陽を見に行くことにした

イア地区の最大の売りは夕日の美しさであると言われている

世界一の夕日スポットと言われるほどで世界中のカップルの新婚旅行先として大人気となっているほど

夕日スポットはイア地区の最北端のエリアで、部屋から夕陽を眺めることができる高級ホテルが多いエリアでもある

イアには夕日スポットが沢山あるのだけど一番有名なのはイアキャッスルだ

イアの街の外れに位置するのだが、周辺はホテルや飲食店も結構多い

エーゲ海に落ちる夕日を見れるスポットとして大人気で日没時間の2時間以上前から場所取り合戦が始まるところだ

私は正直、夕日にはそれほど興味はないので運良く見れれば良いかな?程度のスタンスだ

夕日のために数時間も場所取りする気力は55歳の私には残っていない💦

イアの街の中心部からイアキャッスルに近づくにつれて歩道がどんどん狭くなりアップダウンも激しくなる

しかし、人通りはどんどん増えていき、夕陽を見に行く観光客達で渋滞気味になっていた

この時の時刻は19時ごろで日没の1時間前だ

まだ、日没までは時間があるので、イアの港まで降りてみることにした

イアの街は海から高い場所に集まっているのだが、港は非常に急な狭い坂道を下って降りていかなくてはならない

車は通れないので、港からの運送手段としてロバを使っているくらいだ

険しい急坂の下にあるイアの港⇩  海の透明度はかなり高い

イアの港近くの白亜のホテルが並ぶ街並みも非常に綺麗⇩

急な坂を降り切るとイアの小さな港が現れた。周辺は高級そうなレストランやマリンスポーツショップなどが並んでいる⇩

サンセットが見えるレストランはほぼ満席状態だった⇩ 予約が必須と思われる

イアの港を後にして、再び、イアキャッスルに戻る。想像以上に急坂でイアキャッスルに到着した時にはかなり疲れてしまった💦

ちょうど日没時刻近くになったのでちょうど良かった

とにかくイアキャッスルは夕陽を見たい人達でごった返していた⇩

日没観察に良い場所は殆ど空いていなかったが、幸い、写真を撮ることができるくらいのスペースは見つけることができた

確かに夕日の景色は素晴らしい場所だけど人が多すぎて落ち着いて夕陽を堪能する雰囲気ではない💦

カップルなどが夕陽を落ち着いて見たいのであれば、夕日の見えるレストランを予約するか、夕陽が見えるホテルの部屋を予約した方が良さそうだ

また、海からクルーズ船でサンセットを見るツアーも多くあるので、ホテルのレセプションで相談するのも良いと思う

当然、お金は掛かるけど、新婚旅行は一生の思い出になるので、お金をかける価値はあると思う

エーゲ海に落ちる夕陽は確かに綺麗だが、メチャクチャ感動するか?と言われると正直疑問だ

この騒がしくやかましく観光客だらけの雰囲気が夕日の感動を奪っているのかもしれない

とはいえ、綺麗な夕日の写真を何枚も撮ることができたので良い思い出になりました

日没が完了し太陽が見えなくなると多くの人が拍手を始めた中、私はホテルに帰ることにした

イアキャッスルの近くは本当に道が狭いので、その狭い道に夕陽を見終わった観光客が殺到するので歩道が観光客で渋滞しなかなか進めなかった💦

まあ、急ぐわけでもないので周囲の雑踏とともにゆっくり進むことにする

夕暮れ時のイアの街は相変わらず雰囲気が良くて好きだ

街の明かりが幻想的な雰囲気を盛り上げるし、歩道でギターを演奏するストリートミュージシャンも多く見かけた

夜8時過ぎということもあり、お腹が空いてきた

昨日入ったレストランは正直、味がイマイチだったのでもう入りたくはない😅

ホテル近くのスーパーで何か買って軽い夕食をホテルの部屋でとる事にした

スーパーでパン、サラミ、ハム、ワインを購入

合計で25ユーロ(4250円)と結構なお値段。日本ではちょっとした外食ができる価格だ。

やはりサントリーニ島は非常に物価が高いのが痛いですね。

昨日に続いて、このスーパーの食材も大して美味しくなくてハズレでした😭

サラミ、ハムをパンに挟んで食べたけど、サラミもパンもやたらと塩分が強い割には肉の旨みがなくて正直全然美味しくなかったです

日本のスーパーに売っている日本ハムや伊藤ハムのサラミやハムの方が安い上に遥かに美味しい😋

パンとワインはまあまあ美味しかったけど、サラミとハムはかなり期待していたのでがっかりしましたね

ちょっと物足りなかったので、朝食で残した蜂蜜たっぷりパンケーキを食べる事にした

これは結構美味しかった😋

蜂蜜がとにかく美味しいしパンケーキもしっとりふんわりで美味しかった

ただ、全体的に甘すぎるのが気になったかな

私的には甘さをもっと抑えた味の方が好みだけど多くの欧米人は甘党なのかもしれないですね

パンケーキでお腹が一杯になって眠くなってきたので、歯を磨いて就寝しました

 

今回のブログはここまで!

次回もサントリーニ島滞在日記を引き続きお送りする予定です

関連記事

【人生初の欧州旅行】ギリシャ旅行記(旅行計画編)

【人生初の欧州旅行】ギリシャ旅行記(日本〜アテネ移動編)

【人生初の欧州旅行】ギリシャ旅行(アテネ滞在編 その1)

【人生初めての欧州旅行】ギリシャ旅行 アテネ滞在編 その2(アクロポリス観光)

【人生初の欧州旅行】ギリシャ サントリーニ島(その1  移動編)