父親の遠距離介護を数ヶ月やってみて感じたこと

介護

こんにちは

今年の数ヶ月の父親の遠距離介護生活で気がついたことを以下にまとめたいと思います

親の介護は突然にやってくる

私の父親は79歳で今年の7月に関節リウマチという病気になり自立して生活できない体になりました

近所の民生委員を介して地域包括支援センターからケアマネージャーを紹介して貰いました

ケアマネージャーと父親の兄弟の協力で実家の近所のデイケアサービスを10日間利用した後、地元の大学病院で診察後、入院することになったのです

これらは私の知らない間に行われていました

私は父親とはあまり仲が良くないので日頃から連絡を取るようなことは全くしていませんでした

それでもコロナ禍前までは半年に一回は帰省していましたが、今回のコロナ禍で一年半の間、全く帰省できなかったのです

だから、近所のデイケアに入ったことを父親の兄弟から連絡を受けた時は心底驚いたものです

一年半前に帰省した時は、耳が遠くなってはいましたけど、足腰の強さは全く問題なかったのです

まさか、関節リウマチを患って車椅子生活になっていようとは夢にも思いませんでした

幸い、入院中の薬物投与治療(ステロイド)とリハビリがうまくいって自立して生活できるレベルまで現在は回復はしました

ただ、現在でも指の痺れは残っていて車の運転や自炊は困難な状況です

現在も毎日薬を服用することが必要な状況ですから、今後はまたリウマチの状況が悪化する可能性もありますからね

自家用車は私に譲ると父は言ってきたので私に譲ってもらい私は車の売却手続きをしました

私は車が不要な生活をしているので車を譲ってもらっても駐車場代や車検代などの維持費がかかるだけでメリットはありません

ただ、20年以上乗った車でしたから、今は亡き母との買い物やドライブなどにもよく使いました

色々な思い出が詰まっている車でしたから、ディーラーで売却をした時は複雑な思いになりましたね

親が元気なうちに資産状況を確認しておく

親が元気なうちに年金額、預貯金額、実家の不動産価格は把握することは絶対に必要です

預貯金については通帳と印鑑をしっかりと紐づけておくことも非常に大事です

また、定期預金がある場合はいざという時に直ぐに使えないので、解約させておいた方が無難ですね

親の資産額を把握するだけでなく、資産を流動性の高い状態にしておかないといざというときにお金が使えませんし、介護に使えるお金を計算することができないからです

まだ、介護を行っていない人にはピンとこないと思いますが、介護には想像以上にお金がかかります

また、介護施設によっては、入居審査前に年金額、預貯金額、保有不動産額、株式総額を詳しく聞いてくる施設もあります

親の資産状況を把握していないと介護施設に入居することすらできないこともあるのです

代理キャッシュカードは事前に必ず作らせろ!

預貯金状況を正確に把握しただけではダメです

その預貯金は親の資産ですから、親の子供や兄弟でも勝手に使うことはできないからです

私の場合、父親がキャッシュカードと印鑑を家から持ち出して入院してしまったので大変でした

介護に必要なお金を下ろすのにも、様々な手続きが必要なので大変でした

私が、通帳と印鑑と父と私の身分証明書を持って銀行も窓口で手続きをしなければなりませんでした。

その前に、銀行担当者が父親から電話で、長男である私が父の口座からお金を下ろすことを許可する旨を、確認しなければならないのです。

このような面倒な手続きをすることで、通帳と印鑑があれば全国の銀行で私が父親の口座からお金(100万円まで)を下ろすことはできるようになりました

ただ、窓口でお金を下ろすことは時間の制約があるため非常に面倒なことは言うまでもありません

父親が元気なうちに代理人キャッシュカードを作らせておくべきだったと後悔しています

老後、どのような生活を希望するのか元気なうちに聞いておく

私の父親は、リハビリテーション病院を退院した後に介護付き老人ホームに入居しました

ただ、外出などが厳しく制限された生活にうんざりしたようで入居後1ヶ月で退去することになりました

自立した生活がある程度できるうちは介護付き老人ホームには二度と入りたくないと言っていました

自宅での生活は不安だけど介護付き老人ホームは自由がなくて嫌という人には、介護付き高齢者住宅などの自由度の高い高齢者施設も沢山あります

体が不自由になっても自宅で暮らしたいという人は、自宅のバリアフリー工事なども必要になります。

自宅の工事も希望の高齢者施設に入居するのも事前にしっかりした情報収集や資金も時間も必要になります。

高齢者施設に入居する場合は、高額な施設の場合、自宅を売却する決断が必要になる場合もあるでしょう

これらの様々な準備を親が倒れてから行うのでは遅すぎるのです

良くも悪くも親兄弟などの身内の本音が分かる

介護というのは、親族間での面倒なことの押し付け合いなのが実情です

だから、必ず、平時は紳士淑女を装っている親族の本音が垣間見えるのです

要は介護というのは今後付き合っていくに値する親族、付き合うに値せずに切り捨てなければならない親族を選別できる良い機会とも言えますね

私の場合、介護付き老人ホームの入居相談を叔父(父親の弟)にしたときに嫌な経験をしました

介護付き老人ホームは大抵の施設で連帯保証人(身許引受人)を求められます

殆どの場合、親族(大抵は長男か長女)が連帯保証人を引き受けることになると思いますが、これは精神的にも金銭的にも大変な負担です

私は叔父に対して、父親の連帯保証人になるのは負担だから、民間の連帯保証会社に父親の保証人をお願いしようと思うと言いました。

そしたら叔父はあからさまに私の態度に難色を示したのです

長男なんだから多少の負担はあろうとも父親の連帯保証人になるのは当たり前ではないか、と主張してきたのです

この時、この叔父とは縁を切るしかないと思ったのはいうまでもありません

叔父は、暗に、父親の為(父親側のイエの為)、私に犠牲になってくれと言っているようなものです

こんな親族とは自分を守るためにも縁を切るしか選択肢はないのです

場合によっては兄弟や両親とも縁を切らなければいけない状況にもなるでしょう

それが介護なのですね

日本では親族と法的に縁を切ることはできないのですが、連絡を一切取らないようにしたら実質的に絶縁状態になります

私は、叔父からの電話の着信拒否設定をしました。私が死ぬまで叔父と会うことはもうないでしょう。

介護の書籍は原則役に立たない

父親が要介護状態になった後、図書館で介護関係の本を借りたり、大型書店で介護関係の書籍を数冊購入して読んでみました

結論から言うと、介護関係の書籍の情報は殆ど役に立ちませんでした

何故なら、介護の書籍に記載されていることは殆どが一般論だからです

介護には学校のお勉強と違って正解はありません

各家族の事情や状況のよって介護への向き合い方は当然、千差万別のはずです

介護の世界の概要を知るために簡単な書籍を一冊購入するのはお勧めできますが、私のように数冊の書籍を購入したり図書館で本を借りるのはお金と時間を無駄にしてしまいます

介護でわからないことはプロに聞くのが一番です

在宅介護ならケアマネージャー、高齢者施設探しなら無料で相談に応じてくれる民間業者を利用することをお勧めします

お金に余裕があるのなら、介護の総合コンサルティングを行う業者に介護全般の相談するのも一つの手ですが、初期費用が高額な業者が多いので、原則はあまりお勧めできません

高額な初期費用のかかる民間介護業者には安易に頼るな!

ネットで検索すると民間の介護業者が沢山ヒットします

適切な料金で十分なサービスを提供する業者もいるとは思いますが、高額な初期費用を吹っかけてくる業者も少なくなく注意が必要です

介護に限らずどこの業界もそうですが、情報弱者は不当な料金で搾取されます

初期費用無料の民間介護業者は沢山あるので(大手ならばダスキンなど)、高額な初期費用を請求する民間介護業者とは原則、契約するべきではありません

私自身、高額な初期費用のかかる民間介護業者と契約して大失敗した一人です

私の場合、介護が必要な父親が遠方に住んでいるため通院や入院などの対応に不安を感じていましたし、介護施設を探すのもどこから手をつけていいのかよく分からずに途方に暮れていました

また、今後、介護にかかるお金についても大きな不安を感じてました。父親にはある程度の預貯金はあったのですが、2ヶ月毎に振り込まれる年金額は私の想像よりも遥かに少なかったからです

こうなると資金的に長生きするリスクが大きくなりますから親族が不安になるのも当然です

とにかく、私としては介護のコンサルティングを必要としていたのです

ネットで民間介護業者を検索すると、通院付き添いや入院手続きの家族代行、高齢者施設探しのサポート、葬式の手続き代行などを行なっている某零細業者が目に止まりました

初期費用は介護総合コンサルタント業務として33万円、毎月の見守りや通院代行、緊急入院対応などは半日で11000円、1日で22000円と結構高額なのですが、当時の私はとにかく精神的に追い詰められていたので、すぐにその業者に連絡して対面で会うことになりました

流石に初対面のときにすぐには契約はしませんでしたが数回会って話をしているうちに信頼できる業者と感じたので契約しました

今思うとこの契約は大失敗でしたね

まあ、どの業者もそうだと思うのですが、契約を取るまではどんな悪質業者でも真摯に対応するのが普通ですからね

はじめに書いたように、通院付き添いや入院手続きの家族代行は初期費用無料の業者(ダスキンライフケア等)でもやってくれますし、高齢者施設探しも無料で対応してくれる業者(ロイヤル介護など)も沢山あります

このようなことは介護をある程度経験しないと分からないものです

私は介護の情報弱者でしたから、見事に高額の初期費用を請求する悪質業者にひっかってしまいました

まとめ

親の介護は唐突にやってきます。親が高齢の人は両親が元気なうちに介護の準備をしておくことを勧めます。具体的には

・親の年金額、預貯金額、実家の不動産評価額を調べておくこと

・通帳と届出印鑑を紐づけておくこと

・両親の銀行口座の代理人キャッシュカードを作っておくこと

・介護が必要になった時の希望(高齢者施設に入居するのか、在宅介護を希望するのか等)を日頃から聞いておくこと

・介護に関する簡単な書籍を一冊購入して読んでおく(分厚い難しい本は挫折するので薄くて簡単な本でも十分です)

また、いざ、親の介護が必要になったら、分からないことはケアマネージャーや介護施設紹介サービス業者(無料相談してくれるところが多い)に徹底的に質問して利用しましょう。

安易に有料サービス(介護コンサルタント業者)を利用しないようにしましょう。高額な業者が多く、値段に見合わないお粗末なサービスを提供している業者もあるからです

合わせて読みたい

関節リウマチの父親が介護付き老人ホームに入居するまでの体験記

他人の気持ちはどうすることもできないので変えようとすることは時間と労力の無駄です